2016年 01月 26日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.1.26』

1月26日、晴れ。
ここ二日間に比べると、風はおさまり、随分と暖かい。
絶好の鳥見ポタリング日和。
一昨日、昨日に続き、jitensha に乗って手賀沼鳥見三連荘。

先ず、手賀沼西端のかわせみ池に。
今日も半氷結状態だなあ、カワセミがダイビングするのは難儀だろうなと思いながら、池を眺める。
a0289546_0281293.jpg
すると、1分も待つことなく、左手からカワセミが飛んで来て、定位置にとまった。
定位置とは、一昨日、かわせみ池に到着したとき、既にカワセミがとまっていた石垣のことである。
定位置とは名ばかり、あっという間に、池の畔の潅木に超高速で移動した。
a0289546_0412673.jpg
a0289546_0414216.jpg
a0289546_042322.jpg
a0289546_0421766.jpg
a0289546_0422763.jpg
ダイビングしそうな様子をちらっと見せるもそうはせず、「あばよ」というが如くに鮮やかなオレンジ色の肢を見せて飛び去った。

南岸を走る。
水際の潅木にかわせみ色らしきものが見える。
a0289546_0453444.jpg
jitensha を止めて、イーグルアイで覗いてみる。
カワセミだ。
a0289546_0455577.jpg
a0289546_0462684.jpg
去年の同じ頃(鳥見記録帳によると2015年1月19日)、イーグルアイの試し撮りで、手賀沼を巡った際、かわせみ池、南岸、北岸の三ヶ所でカワセミに遭遇し、手賀沼一周で異なる場所でカワセミに三度遭遇するという<記録>を作った。
よし!今日も三度の遭遇を狙うぞ、あわよくば、四度の新記録も、と張り切って走る。

手賀沼も半氷結。
半氷結の畔でカモが群れている。
a0289546_0574779.jpg
カルガモのようだ。
a0289546_058163.jpg
こちらは氷結していない水路を泳ぐマガモ。
a0289546_058125.jpg
手賀沼東端から北岸に入る。
カワセミがとまっていたのを見たことがある係留杭と舟を眺める。
氷結した湖面とそうでない湖面が面白い景色を作っている。
a0289546_7134352.jpg
更に北岸を走る。
カワセミらしきもの、発見!
a0289546_7153426.jpg
ズームアップして確認。
カワセミだ。
a0289546_7155374.jpg
a0289546_716566.jpg
これで、手賀沼一周カワセミ遭遇回数三度の記録に並んだ。
まだまだ北岸でカワセミに遭遇した場所は幾つかあり、四度の新記録達成を目指し、更に走るも新記録は成らず。
あちらこちらで遊んでくれたカワセミに感謝、感謝の手賀沼鳥見ポタリングであった。

フォト:2016年1月26日
[PR]

by ryujincho | 2016-01-26 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『和田倉濠、再びのキンクロハジロ』      『手賀沼鳥見いろいろ 2016... >>