龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 22日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.1.22』

1月22日、晴れ。
快晴ながら、風は冷たく、寒い。
寒いけれど、1月16日以来、しばらく jitensha に乗っておらず、鳥見がてら手賀沼へ。
手賀沼の西端、かわせみ池から南岸に入る。
追い風で快調に走る。
しかし、強い風と寒さのせいか、鳥影はなく、オオジュリンを1羽を見ただけ。
北岸に入る。
枝にとまるモズの姿が目に入る。
a0289546_7472599.jpg
a0289546_7474873.jpg
a0289546_748571.jpg
a0289546_7482221.jpg
a0289546_751725.jpg
餌を探しているのか、上下左右前後と頭を動かし、落ち着きのない様子を見せ、しばらくして森の中に飛び去った。

手賀沼公園の広場にオオバン数羽が。
割合、臆病なオオバンが水辺から<内陸>に進出している姿は珍しい。
a0289546_7513652.jpg
オオバンはクイナ科の鳥。
クイナは漢字で「水鶏」と書く。
広場で餌をついばむ姿は「鶏(にわとり)」に見えなくもない。
a0289546_7522361.jpg
立派な白いオデコ。
赤い目もこの鳥の特徴だ。
オデコからクチバシの白い部分は専門的には「額板」というそうだ。
a0289546_7524894.jpg
もうひとつ、この鳥の特徴は足だ。
色は緑、指は水かきがない代わりに幅広となっている。
専門的には「弁足」というそうだ。
a0289546_7525965.jpg
機嫌よく広場で餌をついばんでいたが、散歩の犬が現れると同時に、羽ばたいて湖面へ。

フォト:2016年1月22日
[PR]

by ryujincho | 2016-01-22 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『手賀沼鳥見いろいろ 2016...      『不忍池のキンクロハジロ』 >>