2015年 03月 18日

『風景写真から観察写真に/ダイサギ』

かわせみ池の水面に垂れる柳の枝、そして、そこに佇む一羽の鷺。
掛け軸風に縦長にトリミングしてもいいかもしれない、そんな<風景写真>のつもりで撮ってみたのがこの写真である。
a0289546_0245362.jpg
ところが、ファインダーを覗きながら、ちょっと、変じゃない?この鳥の首、と思い、<風景写真>から一転して<観察写真>に。
枝垂れ柳の下から進み出たところで、今一度、首を観察。
a0289546_0334875.jpg
a0289546_0394542.jpg
首の羽が波打っているようだ。
羽を風にたなびかせているサギは時々見るが、さほど、強い風は吹いていない。
原因は不明。
やはり、サギ類は首がすっとしている姿がよいと思うのだが、これからは遠目であってもサギ類の首をしっかり観察してみよう。
<風景写真>か<観察写真>か、あれこれ迷う毎日である。

フォト:2015年3月18日、かわせみ池にて
[PR]

by ryujincho | 2015-03-18 00:48 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『遂に、出遭えた!ベニマシコに』      『キタテハ@かわせみ池近くにて... >>