龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 28日

『いきものがかり/ハシビロコウ(II)』

ハシビロコウ。
嘴を開けるときに目蓋を閉じる癖があるようだ。
a0289546_73233.jpg
<観察>を続けていると、嘴を開けても目蓋を閉じないときもある。
a0289546_7345998.jpg
それはそうだろう。
餌を捕らえるときは嘴を開く。
そのとき、目蓋を閉じていては餌を捕まえ損ねてしまうであろう。

ハシビロコウの餌の捕獲について、千葉市動物園のホームページで次のように解説されている。
------------------------
「動かない鳥」として有名なハシビロコウですが、なぜ動かないのかというとその食事作法に大きな原因があります。
ハシビロコウの主食は「魚」。
沼地のほとりで、ひたすら魚に気が付かれないように、ジーっと動かずに待ち続け、魚が水面に上がってきたときに、一挙に襲いかかります。
実は「襲いかかる」といっても、その行動は「魚めがけて、体ごと倒れこむ」という表現が的確。
野生では、ハイギョやポリプテルスといった、古代魚ファンに人気の高い魚たちを食べています。
その他、カエルやヘビ、まれに水鳥のヒナや小動物を食べることもあるとされています。
動物園では生きたコイを与えています。
-------------------------

沼地でも沈み込まないような足の形状。
a0289546_81603.jpg
愛嬌いっぱい。
愛嬌を振りまいている訳ではないのだが、そう見えてしまうのもこの鳥の魅力あるところかもしれない。
a0289546_8165253.jpg


フォト:2015年1月14日、上野動物園にて
[PR]

by ryujincho | 2015-01-28 23:58 | いきものがかり | Comments(0)


<< 『イーグル・アイで、猛禽類』      『いきものがかり/ハシビロコウ... >>