2014年 07月 06日

『コブハクチョウ/七つの子/パート4』

7月2日(水)、晴れ。
手賀沼北岸を走っていたところ、藤棚と家庭菜園の間にある水田でコブハクチョウのファミリーが餌を啄ばんでいた。
a0289546_11424914.jpg

前回、このファミリーに出遭ったのはいつの頃だっただろうかとマイ・ブログを繰ってみた。
彼是、二ヶ月前の5月9日であった。
5月13日付ブログ「コブハクチョウ/七つの子/パート3」で次のように綴っていた。
-------------------
コブハクチョウの親子は健在。
この日の朝は、手賀沼北岸、旧あやめ園の脇の疎水で遊んでいた。
前々日の朝は、同じく旧あやめ園の脇の水田に入って遊んでいたが、植えたばかりの苗を踏んづけてはいけないと気づいたのかもしれない。
a0289546_0164376.jpg
幼顔、三景。
幼顔だが、ときに若鳥の表情も見せている。
a0289546_017145.jpg
a0289546_0173253.jpg
a0289546_0174981.jpg
フォト:2014年5月9日、手賀沼北岸にて
-------------------

5月9日の写真は幼な顔だが、それから二ヶ月。
随分、大きく成長している。
大人顔になりつつある。
a0289546_11494168.jpg
ファミリーは水田から家庭菜園へと移動。
a0289546_1153367.jpg
「七つの子」、みんな健在か数えてみた。
先頭はおっかさん、その後につづく幼鳥は七羽いる。
七羽とも健在だ。
おとっつぁんは殿(しんがり)で写真に入っておらず。
a0289546_11533671.jpg


フォト:2014年7月2日
[PR]

by ryujincho | 2014-07-06 06:38 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『飛んで』      『映画三昧/超高速!参勤交代』 >>