龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 04日

『花菖蒲の季節』

かわせみ池近くのハナショウブが花を咲かせる季節となった。
a0289546_1055599.jpg
昨年、ここで、カワセミとハナショウブが一緒になったシーンを撮ったことを思い出す。
マイブログを紐解いてみたとろころ、2013年6月15日付で次のように綴っていた。
-------------------
カワセミ・スポットの池の北隣に木道が施された散歩道がある。
今、木道の辺りでは、ハナショウブが満開だ。
子カワセミは、大きな池を端から端まで素通りして、木道の散歩道方面へ。
子カワセミは木道の欄干に止まっていた。
素晴らしい!
子カワセミはが描いた「花鳥風月図」だ。
-------------------

この時期になるといつも気になること、それは「いずれがアヤメかカキツバタ?」ということである。
アヤメとカキツバタとハナショウブの違いを何度覚えてもゴチャマゼになってしまい、毎年、花が咲いたら調べることことを繰り返している。
で、今年も調べた。
・アヤメは、花弁の弁元に<網目状の模様>があるのが特徴。
・カキツバタは、花弁の弁元に<白い目型模様>があるのが特徴。
・ハナショウブは、花弁の元に<黄色い目型模様>があるのが特徴。
「アヤメはアミメ、カキはシロ、残るはハナショウ、キイロなり」と何度も唱えてみる。
来年はゴチャマゼになることなく、即、見分けることが出来るだろう。

フォト:2014年6月2日
[PR]

by ryujincho | 2014-06-04 12:01 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)


<< 『ロケ地探訪記/ワープステーシ...      『待ってみたけれど』 >>