龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 26日

『朝の来客/ツバメの親子』

5月23日(金曜)。
朝食を摂っていたところ、ベランダで何かの気配を感じる。
ツバメが一羽、二羽とベランダのフェンスに。
都合、三羽が並んでとまった。
二羽は直ぐに飛び立ったが、一羽はじっととまっている。
写真を撮っておこうと思ったが、ガラス戸のガラスが邪魔だし、ガラスに貼った防熱フィルムはもっと邪魔だし、今、窓を開けるとツバメは驚いて飛び去って仕舞うだろうし、朝6時半からのラジオ体操のときはガラス戸を開け放っていたので、そのままにしておけばよかったとか、あれこれ思いながら、眺めるだけにした。
そのうち、フェンスにとまったツバメは羽ばたきを始めた。
この羽ばたきは幼鳥が親鳥に餌をねだっている仕草だ。
急いで、カメラを取りに行く。
カメラを持って戻って来た。
幼鳥は、なお、フェンスに止まったまま、羽ばたいている。
そして、親鳥が登場した。
ガラス+防熱フィルム越しに、急ぎ、シャッターを切る。
結果、超ピン甘、というよりも超ピンボケ写真となってしまった。
ガラスにレンズをぴったりくっつければピンボケにはならなかったかもしれないが、それでは程よい角度からの構図は得られず、ピンボケ写真になってしまった。
a0289546_9343813.jpg
a0289546_938352.jpg
a0289546_9381847.jpg

写真そのものは満足できるものではないが、今月15日に彼岸へ旅立ったお袋の姿が幼鳥に餌を与える親鳥の姿と重なり合うように思われ、アップロードする次第である。

フォト:2014年5月24日午前7時1分
[PR]

by ryujincho | 2014-05-26 05:45 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『となりのトトロ風ホオジロ』      『ホオジロ・オン・ヤマボウシ』 >>