龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 15日

『春季皇居乾通り一般公開/其の弐:宮内庁庁舎前広場にて』

皇居前広場で50分ほど並んだ後、さあ、愈々、坂下門をくぐり抜け、乾通りだ!
a0289546_1651238.jpg
「坂下門は狭くなっています。立ち止まらずに、ゆっくりと進んでください」と皇宮警察のアナウンスが聞こえる。
a0289546_0344244.jpg
坂下門の設えがどのようになっているか、この機会にしっかりと見ておかねばならない。
立ち止まることなく、カメラのファインダーを覗くことなく、カメラを上に向けてシャッターを切る。
漆黒、いや、濃い緑色が混ざったような黒にも見える。
a0289546_035098.jpg
a0289546_0351612.jpg
a0289546_0353140.jpg
無事(???)、入場!
a0289546_0354424.jpg
坂下門を抜けると左手に宮内庁庁舎。
外からも見える庁舎の緑の屋根は見慣れているが、庁舎全体の姿を見るのは勿論初めてのことだ。
庁舎前は広場となっており、坂下門をくぐりぬけた人たちが一旦ばらけることとなり、一息つく。
a0289546_0543488.jpg
一息つきながら、松を愛でる。
葉陰の間から富士見櫓が僅かに見えている。
a0289546_0565651.jpg
桜の花に彩られた蛤濠の石垣。
春ならではの風景かと。
a0289546_185028.jpg
蛤濠の石垣と丸の内のビル群。
蛤濠沿いに、坂下門の手前で入場を待つ行列も見える。
a0289546_1123920.jpg
富士見櫓。
a0289546_1155922.jpg
いつも皇居東御苑から眺めている富士見櫓を西から眺めると斯様な風景になるのである。
地図を参照したところ、この広い道は皇居東御苑の見学の際に通る百人番所や同心番所の前を通過し、大手門へと通じる道であった。

宮内庁庁舎と皇宮警察さん、そして、桜。
a0289546_1245657.jpg
宮内庁庁舎前から乾通りへと進む。
a0289546_1261392.jpg

この日(7日)の夜、次のように報じられていた。
-------------------------
宮内庁の山本信一郎次長は7日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が、桜並木が美しい皇居・乾通りの一般公開の様子を5日午前、同庁庁舎からご覧になったと明らかにした。多くの入場者が咲き誇る桜を楽しむ様子を見て、両陛下は大変喜ばれたという。
山本次長によると、両陛下は公開2日目の5日午前、同庁庁舎3階の窓から、幅広い世代の人たちが庁舎前の乾通りを歩き、心配されていた桜の花がまだ残っているのを楽しむ様子をご覧になった。同日は晴天に恵まれ、約9万1000人が入場。会場が混乱する恐れもあり、入場者に気付かれない形でのご覧にしたという。
乾通りの一般公開は、陛下が昨年、80歳の傘寿を迎えられたことを記念して4~8日の日程で初めて実施。7日までの累計で約31万人が入場した。
また、朝の散策を日課にしている両陛下は7日朝、皇居外周の歩道を“お忍び”で散策し、皇居周辺の桜を観賞されたという。
(4月7日付産経新聞電子版)
--------------------------
天皇、皇后両陛下も国民も同じ場所で等しく春を愉しまれている/愉しんでいるということ、誠に嬉しいことである。

フォト:2014年4月7日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2014-04-15 23:58 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)


<< 『春季皇居乾通り一般公開/其の...      『春季皇居乾通り一般公開/其の... >>