2014年 02月 19日

『トビ』

a0289546_16347.jpg

盟友 松柏木殿のブログにトビがアップロードされていた。
昨秋、紀州の旅で瀞峡観光ウォータージェット船を待っていたとき、河原の上空を飛ぶトビを撮ったことを思い出し、嗚呼懐歩(アーカイブ)から引っ張り出してみた。
そのトビの写真をアップロードしながら、トビと言えば、鳶職という言葉があるが、その語源は何だろう?と思い、調べてみた。
諸説あるようだ。
鳥のトビのように高所を身軽く飛び回ることに由来するという説。
そうではなく、彼らの持っている道具、鳶口に由来するという説。
確かに、鳶口の先端の鉤はトビの嘴によく似ている。
鳶口説に一票、投じておこう。

フォト:2013年11月29日、瀞峡/小川口乗船場にて
[PR]

by ryujincho | 2014-02-19 01:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『G線上のアリア』      『鳥見散歩』 >>