龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 13日

『鳥見散歩』

2月13日朝、天気予報のお姉さんは面白い言い方をしていた。
「現在、10℃以下が二百数十時間続いています」と。
冬日が何日続くという言い方はよく聞くが、時間でいうのは初耳だった。
午後、双眼鏡を携えて鳥見散歩に出掛けた。
先週土曜日に降った雪はまだ溶けずに残っている。
里山近くの田んぼはほんの少し雪が溶けただけで、まだ雪原状態のままだ。
a0289546_11394613.jpg

雪原にキジでも現れたら最高なんだが、そう上手くはない。
桜の枝に鳥の姿が。
双眼鏡で眺める。
コゲラだ。
しかも、2羽いる。
コゲラには縄張りがあるはずで、2羽が同じ木にいるのは珍しいのではないだろうか。
潅木に鳥が群れている。
エナガだ。
かわせみ池に行ってみた。
池の畔の枯れ草と雪の間で動き回る鳥がいる。
ビンズイだ。
いつもは直ぐに隠れてしまうのだが、随分と長くいる。
しかも、よーく見ると3羽もいる。
池ではカルガモが泳いでいる。
カワセミの登場を待つには寒すぎるので、再び、田んぼの雪原へ。
少し日が照って来て、ハンドレールと己の影が雪に映っている。
a0289546_1213453.jpg
今日の"収獲”。
コゲラ 2羽
エナガ 6羽
ビンズイ 3羽
カルガモ 無数
ムクドリ 無数

明日はまた大雪との予報。
次回、田んぼの雪原にキジが現れてくれると嬉しいのだが...。

フォト:2014年2月13日
[PR]

by ryujincho | 2014-02-13 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『トビ』      『スズメ』 >>