2013年 12月 28日

『エナガに出遭った』

12月初旬、ロケ地探訪のひとつとして、千葉県立房総のむらを訪ねた。
その途中、長門川沿いの道でエナガの群れに出遭った。
a0289546_1594816.jpg
a0289546_201617.jpg
a0289546_203821.jpg
額と胸から腹にかけての白さがないが、長い尾羽、小さな黒いくちばし、そして、ビーズのようなカワユイ、丸い目からエナガと<判定>した。

フォト:2013年12月5日
[PR]

by ryujincho | 2013-12-28 02:21 | 鳥見雑記 | Comments(2)
Commented by brompton_2006 at 2013-12-28 10:40
エナガの姿、ええ表情を撮られましたね。
冬鳥の季節、楽しみたいおのです。
Commented by ryujincho at 2013-12-29 00:57
松柏木殿 
66枚の中に、偶然、これらの「ええ表情」がありました。
偶然に出遭う、偶然に撮れる、この偶然が鳥見の楽しみのひとつでもあります。


<< 『今年も北から』      『Ueda-cho/五十鈴川岸にて』 >>