龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 07日

『子カワセミたちの季節/2013.07.06』

7月6日(土)、晴れ。
行脚から立ち戻り、10日振りに、かわせみ池に出掛けた。
お供は<多無論くん>だ。

子カワセミの出を待つ。
カワセミの止まり木の中のひとつは、ツバメ・ファミリーに"占拠"されている。
子ツバメの、羽ばたいたり、親に甘えるように鳴く様子を楽しむ。
a0289546_2325210.jpg
給餌風景を楽しむ。
a0289546_2325559.jpg
隣りのミニ親水池に、子カワセミ登場。
a0289546_23284785.jpg
暫らく見ない間に体付きがスリムになったような感じがする。
色も幾分、鮮やかになって来たようにも感じる。
成長しているのを感じる。
a0289546_2329186.jpg
帰宅の途中、休耕田の脇を通った。
休耕田で、鳥が三羽、遊んでいる。
a0289546_23362059.jpg
三羽とも目の周囲が黄色い。
コチドリのようだ。

休耕田に、別の鳥も飛んで来た。
a0289546_2340957.jpg
a0289546_23425123.jpg
腹のあたりの色はよく分からないが、背中から尻尾にかけての紋様からして、キセキレイのようだ。

旅先で、きれいな声で鳴く鳥を見たが、鳥の名はよく分からなかった。
a0289546_23492373.jpg
休耕田で見かけたキセキレイの姿からして、旅先で見た鳥もキセキレイのように思える。

旅先では梅雨模様であったが、この日、7月6日は梅雨明けを思わせる晴天と暑さであった。
後刻、梅雨明け宣言がなされたことを知った。

フォト:2013年7月6日
[PR]

by ryujincho | 2013-07-07 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『子カワセミたちの季節/201...      『 Intermission 』 >>