2013年 06月 14日

『子育ての季節』

6月14日(金)、梅雨の中休みも終わり、朝から雨。
午後、雨あがる。
カワセミ・スポットへ出掛ける。
ノー・カメラで。
いつもの通り、一羽、子カワセミが現れる。
しばらくすると、もう一羽、現れた。
二羽が並ぶ。
どちらも子カワセミだ。
すると、またまた、もう一羽が現れる。
これも子カワセミだ。
今日は三羽の子カワセミの鳥見が叶った。

こちらは、先日、梅雨の中休みの頃、手賀川で出遭ったコブハクチョウ・ファミリー。
a0289546_2340536.jpg
泳ぐファミリーを眺めていると、川の中ほどでストップ。
a0289546_23402967.jpg
暫らく、川の中ほどで子供を遊ばせる。
a0289546_23405030.jpg
親が水中に頭を突っ込んで採餌を始めた。
川の底の水草を食べているのであろう。
おとっつぁんが頭を突っ込む。
おっかさんも頭を突っ込む。
交互にそうやっているうちに、おとっつぁん、おっかさん、両方同時に。
a0289546_2341352.jpg
親が身を持って子供に採餌の方法、潜り方を教えているように見える。
「あまちゃん」の天野アキちゃんだって、最初は潜れなかった。
この子供たちも直ぐに潜れるようになるだろう。
潜りのベンキョー会も終わり、再び、ファミリーで遊泳。
a0289546_2342186.jpg
カワセミ・スポットで親が子供に給餌をしたり、採餌の方法を教えている姿は見たことがない。
幼鳥は、その姿を初めて見たときから、親は居らず、ぎこちなさはあったが、ダイビングし、採餌していた。
ものの本によると、最初は親(父親のみ)が幼鳥に給餌し、採餌の方法も教えるとある。
今は子育ての季節なのである。

フォト:2013年6月3日
[PR]

by ryujincho | 2013-06-14 23:37 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『子カワセミたちの季節/201...      『終焉の地/池上本門寺』 ih-4 >>