龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 16日

『カワセミ日記/2013年4月27日』 kf-7

4月27日(土)。
午前中から所用あり。
カワセミ・スポットへ行きたくて行きたくてたまらないが、仕方がない。
所用を終え、夕方3時過ぎからカワセミ・スポットに出掛けた。

既に、正面舞台の枝にカワセミさん(♀)が現れていた。
a0289546_6222462.jpg
誰かを待っているかの如く、背伸びして遠くを見るような仕草がカワユイ。
a0289546_624679.jpg
後ろ姿。
カワセミ色を見てちょうだいと言わんばかりに。
a0289546_6272276.jpg
翼は濃紺、翼と翼の間から見える背中はカワセミ色とも言える鮮やかな水色。

真横から見るとカワセミ色が全く見えないときもある。
a0289546_6463529.jpg
しかし、両翼も含め、全体がカワセミ色に見えるときもある。
調べてみた。
-----------------------------------------
カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。
これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理である。
(出典/ウィキペディア)
-----------------------------------------
納得!

ヤナギの木に止まるカワセミくん(♂)。
背中の青色もきれいだが、胸や腹のオレンジ色もきれいだ。
a0289546_656693.jpg
赤い足もカワユイ。
それにしても、ヤナギの木にはもっと止まり易い枝がいっぱいあるのに、何でまた、こんな枝に止まっているのだろう?と思わせる止まり方である。
この赤い、可愛らしい足の構造からして、容易にこういう枝でも止まれるのだろう。

この日は出だしが遅かった。
午後3時過ぎに来て、既に5時を回った。
帰ろうかなと思ったそのとき、カワセミさん(♀)が現れた。
少し待ったところ、カワセミくん(♂)も現れた。
カワセミさんは嘴を開き、餌のおねだりをしているようだが、カワセミくんは、懸垂遊び(?)に忙しく、全く意に介さず、の図。
a0289546_76075.jpg
どちらも左を向く、の図。
a0289546_763077.jpg
どちらも右を向く、の図。
a0289546_771193.jpg
遠く、夕陽を眺めているような「どちらも右を向く、の図」は、お気に入りのショットのひとつに入れておこう。

フォト:2013年4月27日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-16 07:07 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『カワセミ日記/2013年4月...      『カワセミ日記/2013年4月... >>