龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 12日

『カワセミ日記/2013年4月23日(3)』 kf-3

カワセミさんの止まる枝に、下手から、カワセミくんが登場。
カワセミくんの口に光るものが見える。
光っているものは、カワセミさんへプレゼントする小魚である。
前日夕方の散歩の際、餌の受け渡しに遭遇したが、カメラを持っての遭遇に何だかドキドキする。
ドキドキしながら、次の動作に集中...。
a0289546_419306.jpg
a0289546_42139.jpg
a0289546_4212043.jpg
小魚を渡すのかと思いきや、カワセミくんはカワセミさんの後ろを通り過ぎ、枝の上手の方へ止まる。
a0289546_4215362.jpg
枝の上手の方から、再び、受け渡しの仕草に。
a0289546_4261943.jpg
カワセミさんは、科(しな)を作るが如きに体を捻じ曲げ、直ぐに小魚を貰おうとはしない。
a0289546_4333436.jpg
受け渡しに入りそう。
a0289546_4353260.jpg
再び、カワセミさんは科を作るが如き仕草を。
a0289546_4371140.jpg
今度は受け渡しに入りそう。
a0289546_4381141.jpg
カワセミさんは嘴を広げ、小魚の受け渡し態勢に。
a0289546_4402349.jpg
カワセミくんがカワセミさんとの距離を縮める。
愈々、受け渡しだ。
a0289546_4405343.jpg
受け渡し!
あっ、ピントが外れた!
愈々、受け渡しだと思った瞬間、カメラを持つ手に変な力が入ってしまった!

カワセミさんの口にカワセミくんからのプレゼントの小魚が光っている。
カワセミくんは、受け渡しの成功を誇るが如くに、胸を張っている。
a0289546_4483945.jpg
カワセミさんの喉の白い部分が膨れている。
呑み込んだ小魚が喉を通っているところだ。
カワセミくんは、変らず、胸を張っている。
a0289546_4522956.jpg
カワセミくんは何処かへ飛び去った。
カワセミさんは同じ場所に。
再びの餌のプレゼントを待っているのだろう。
a0289546_4551926.jpg
餌の受け渡しをしっかり観察することが出来た。
そして、餌の受け渡しの瞬間は捉え損ねたが、一連の動作をカメラに収めることが出来た。
次回、注意せねばならないことは、餌の受け渡しの瞬間に至りそうになってもキンチョーしないこと、カメラの前の植え込みの葉の揺れに留意すること(写真の右側に葉の揺れが被っている)の二点である。

次回が楽しみだ。

フォト:2013年4月23日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-12 05:12 | 鳥見雑記 | Comments(2)
Commented by brompton_2006 at 2013-05-14 19:46
いい場面をとらえましたね。
注意事項は実感。
キンチョー、ドキドキです。
さる有名な鳥写真家(嶋田忠)がTVで言ってました。
最初にカワセミを撮ったときは、ドキドキして手が震えたと。
齢ん十年ともなると、感動でドキドキすることは、
とんとすくなくなりました。
鳥も虫も、そんな感動をあたえてくれます。
Commented by ryujincho at 2013-05-15 02:07
松柏木殿 
こういうキンチョー感は快感とも言えますね。
受け渡しの《決定的瞬間》は撮り損ねましたが、数日後には、えっへん!、撮り切りました。
それは何れ後日の「カワセミ日記」にて。
こうして、キンチョー、ドキドキが味わえるのも、カワセミくんやカワセミさん、獅熊くんのお陰です。
そして、カワセミの習性を教えて貰ったり、獅熊くんを推奨してくれた松柏木殿のお陰でもあります。
感謝!


<< 『カワセミ日記/2013年4月...      『カワセミ日記/2013年4月... >>