2013年 04月 10日

『都心で、鳥見』(下)

几号水準点の"落穂拾い"で都内に出掛けた。
都心での鳥見も兼ねてのポタリングである。
連れの練図は《多無論くん》18-270mmとした。

千代田線大手町駅まで輪行。
桜田門で几号水準点の"落穂拾い"ののち、日比谷公園に立ち寄より、心字池で鳥見をした。
市ヶ谷見附東/路上の几号水準点、大京町/路傍の几号水準点、三田綱坂/路上の几号水準点(ここは、矢張り、見当たらず)を巡ったのち、再び、千代田線大手町駅に向う。
1月に和田倉濠でキンクロハジロを見たので、今回もキンクロハジロがいないかと思いながら、濠に沿って走った。
馬場先濠でキンクロハジロが数羽、泳いでいる姿が目に入った。
これを眺めようと、jitensha を止める。
キンクロハジロに加え、濠の縁石にカワウとカモメもいる。
そして、濠の中では大きなコイが泳いでいる。
この狭い区画に動物数種のオン・パレードだ。
a0289546_13475895.jpg
キンクロハジロの列。
a0289546_13505138.jpg
三角を描くキンクロハジロ。
a0289546_13513116.jpg
アップで。
金色の目と羽冠がカワユイ!
a0289546_13585810.jpg
虹彩は黄色(金色にも見える)、頭、背中、胸は黒色、腹は白色(雌は褐色)、翼も黒色だが、風切部分は白色。
こうした配色から、キンクロハジロ(金黒羽白)と名付けられたようだ。
こうした配色以上に特徴的なのが後頭部の羽冠である。
羽冠は雌雄ともにあるが、雄の方が少し長いとのことだ。

カワウに目を転じる。
a0289546_14104521.jpg
羽を乾かす姿は何とものんびりとしているが、それに反して、顔立ちは精悍である。
青味がかった目が印象的である。
a0289546_14121826.jpg

午前は日比谷公園で、午後は馬場先濠の濠端で鳥見を愉しんだ。
至近距離で水鳥を見ることが出来るこの辺りは、差し詰め、《千代田野鳥園》である。
次回の都心での鳥見には、《獅熊くん》50-500mmを連れて来ることにしよう。

フォト:2013年4月8日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2013-04-10 14:35 | 鳥見雑記 | Comments(2)
Commented by brompton_2006 at 2013-04-23 21:07
キンクロハジロ、カワウ。
よー撮れてますね。
獅熊ではなかったようですが、お濠の鳥は、
多無論で十分のようですね。
Commented by ryujincho at 2013-04-23 22:05
松柏木殿 
お濠の鳥は人馴れしているのか、岸辺近くで遊んでくれます。
カワウは手賀沼や手賀川でよく見掛けますが、これ程の至近距離で見たのは初めて。


<< 『オランダ旅行』      『都心で、鳥見』(上) >>